ラベル 音楽療法 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 音楽療法 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年6月18日土曜日

涙活!音楽が頭に入ってこない時は







涙活、してますか?

今回は、どうしたって
音楽の涙活に集中できない
そんな時のオススメ方法です。


音楽は、受け身

音楽って、本や映画のように
世界観に浸るのが難しいですよね。
不調であったり、疲れていたり
そんな時は、音楽を聴いても
右から左にすり抜けていきます。

涙活で大事なのは、イメージ
想像力が働かなくては
感情も動きません。
ましてや、涙が流れるような
激しく気持ちが揺さぶられる感覚を得るのは
難しいでしょう。


歌詞を読みながら

一番効果的と感じたのは、
書面で歌詞を読みながら聴く事です。
もちろん、歌える環境なら
口遊(くちずさ)むとさらに効果的ですね。
集中力がない時は、
音楽の世界観に入り込むことが
難しい場合が多いです。
BGMで流したり
ヒーリングミュージックの場合は
聴き流した方が良い場合もありますが、
涙活ではどっぷり
音楽の世界観に浸る必要があります。

歌詞を読みながら聴くと
内容が入りやすいだけでなく、
音楽へ意識が集中しやすいです。


プロモーションビデオ(ミュージックビデオ)を観ながら

最近のPVは、音楽の世界観を存分に出すべく
かなり凝った、力の入った作りになってきました。
中には短いドラマとなっていたり、
かなり楽しめます。
約5分で物語は完結していますので、
映画よりも短時間で盛り上がりを迎えます。
また、音楽の世界観とリンクしていることから
映像との相性が抜群なんです。


まとめ

やはり、いちばん手軽に涙活に使えるのが
音楽なのかなと感じています。
是非、お気に入りを見つけて、
気持ちよく泣いて下さいね。











2016年4月11日月曜日

いま聴きたい曲で音楽療法、同質の原理とは






ヒーリングミュージックなどの
音楽療法に今まで触れてきました。
今回は、同質の原理にスポットを当てていきます。


同質って?

言葉の通り、同じ質
同じ感情や気持ちを連想させる曲のことです。
そのため、
『鬱病だからヒーリング・癒しの音楽を聴こう』
という固定概念から
一歩踏み出す必要があります。

同質の基準としては、音楽のテンポであったり
曲調など音に関する部分から
歌詞など言葉にも同質の原理は生まれます。


同質の原理、その理由

音楽による、気持ちの代弁というものがあります。
例えば、悲しく泣きたいような時に
同じような境遇を歌った
悲しいバラードが聴きたくなったとします。
客観的には、違う曲を勧めたくなるところですが
自分の気持ちに音楽が
寄り添い受け入れてくれるため
ふっと気持ちが軽くなるというものです。
場合にもよりますが、
もし無理やりアップテンポで元気な曲を
意図的に聴いたとしても
その歌や歌詞に反発が起こり
不安やストレスがつのるというのも
同調の原理です。

今回この原理を記事にしたのも、私自身が
『動悸がするからヒーリングミュージック』と
固定概念を持っていたものの
あまり効果がみられない事がありました。
その時、脈拍が128と速い状態が2時間続き
どうにも参ってしまい
ためしにアップテンポで元
気いっぱいな曲に切り替えたところ
すっと気持ちに余裕が生まれたのがきっかけでした。


まとめ

私がいままで試してきて感じたのは
自分の感覚を信じること
その時に聞きたいと思った曲が
以外と気持を楽にしたりしてくれます。
中には『暗い気持ちだけど、明るい曲聴きたいな』
なんて日があってもいいと思います。
そんな時は、同調の原理の枠もこえて
聴きたい曲を存分に聴いたら
すっきりするものですよ。





2015年12月12日土曜日

α(アルファ)波、なんで癒し系CDによく書いてあるの?





みなさん、
アルファ波=癒されると思っていませんか?
もちろん、間違いではないのですが…
無条件に信じてしまう前に、まず
アルファ波について学びましょう。


CDなどにアルファ波とよく書かれています、これは
収録されている音楽や自然音に、アルファ波へ導く音が
多く含まれているという意味です。

では、アルファ波が多いと
なぜ癒されるのでしょう?

人の脳は、微弱電気の周波数によって
コントロールされています。
基本的には
アルファ(α)波
ベータ(β)波
シータ(θ)波
デルタ(δ)波
と4種類あります。
(5種類という説もありますが割愛)

それぞれを状態ごとに並べ
紹介していきましょう。

ベータ波

生活や仕事など活動的な場合に多く
ストレスにさらされている状態、
緊張しているので長時間この状態が続くのは
望ましくないらしい。

アルファ波

リラックスした状態であり
自己の能力を最大限に引き出しやすい。
良いアイデアなどは、脳に余裕がある
この状態が出やすいとか。

シータ波

意識はお休みしていて、
潜在意識のみ働いている状態。
まどろんでいる、もしくは瞑想している場合に多い。
記憶には最適で、勉強ではこの状態が良いとされている。


デルタ波

深い眠りの状態、心までが休息に入り
質の良い眠りの状態。
無意識であり、よく言う
脳スイッチオフの状態。

上から順に周波数は下がり、
デルタ波を超えた周波数はない。
(というより、それは脳死を意味する)
どんな場合にも、生きている限り
微弱ながら電気信号が送られているのが
脳というものだそうです。
これでわかりましたね、故意的に
脳からアルファ波を出してしまおう、というのが
CDなどに書かれたアルファ波の正体です。

詳しくは1/fのゆらぎと呼ばれる、
自然音に多く含まれる一定の振動が
アルファ波へ導く手助けをしてくれるそうです。
クラシックなどで、
これを含む音の多いものもあるそうで
そういったものをCD化したものに
アルファ波の記載があるようです。


最後に

実は、ロックなどでも人によっては
アルファ波が出ます、
逆に、アルファ波と記載があっても
でない場合もあります。
この違いは、人の好みに影響されたためです。
ムリにヒーリングミュージックを聴くより
大好きなロックを聴いている方が
リラックスできる人もいるそうですよ。
音楽はあくまで娯楽、治療と捉えるより
楽しみたいものです。

2015年12月11日金曜日

ヘミシンクという、潜在意識に訴えかける方法があるらしい






ヘミシンク

ヘミシンクと検索してみてください、見るが易し。
モンロー研究所から発信されている
脳へ刺激を与え、特定の状態にするというもの。
安らぎや瞑想、深い眠りなどだそうです。
そして同時に、〝ヘミシンクは危険!〟と
訴える記事も多数ヒットします。

公式ページでは、ヘミング信号による作用と
あくまで科学的側面よりアプローチしていますが
催眠術に近いと思います。
実際にみなさん試すかはわかりませんが、
さらに詳しく調べてみました。

音源を使った方法だそうで、
右と左で違う周波数の音を聴きます。
周波数の差を脳が感じ取り、
差となっている周波数を意識
それによって
差となる周波数の状態に意図的にする。らしい

私も試しましたが、うーんなんとも
左右の音は違いがわかりませんが
あまり気持ちの良いものではありませんね。
私には合わないようです…

周波数の話については、別記事に記載してあります。
合わせてお読みください


2015年12月6日日曜日

サブリミナルミュージックって?






サブリミナル効果

たぶん鬱のアプローチについて
色々調べている方は、聞いたことある
言葉ではないかと思います。

サブリミナル効果とは
意識潜在意識の境界より深くへ
刺激を与える方法です。

具体的な歴史背景として
ある商品CM中のコマに、
普段は気付かないレベルでその商品を買うように
メッセージを含むコマを挟みます。
すると、潜在意識からその商品を
買いたくなるというものです。

この効果については、賛否両論で
実際に売上げが伸びた背景がありつつも
実験では実証されませんでした。

けっきょく本当なのかはわからないままですが、
この方法を使ったCMは、現在禁止されています。


サブリミナルミュージックの効果とは

この方法を音楽に取り入れ、
気持ちへアプローチするのが
サブリミナルミュージックです。
意識的にはわからないレベルで
音楽に乗せメッセージを送る
といったものだそうです。

これについては、私自身
有用なのかはわかりかねます。
未だに洗脳説や効果ナシという意見があったり
私の体験でも
流れてくるヒーリングミュージックが好きなのか
実際に効果が出ているのかが
明確にわかりませんでした。

ただし、効果が認められないのに
広く禁止されているあたり
あまりお勧めできる方法ではないのかもしれません。
(もし効果があるとすれば、
鬱と関係のないメッセージが
込められている可能性も否定できませんから)



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ZenBack