ラベル 自己暗示 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 自己暗示 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年1月27日水曜日

笑顔のススメ、知っておくと得をする心理効果






笑顔とは

楽しい時に自然と現れる表情のこと。
あたりまえだけど、深く追求してみると
以外なことがわかるんです。
笑顔に隠された真実
知っておくと、人生といかなくても
今の生活は変わるかも?


作り笑顔のすすめ

人間関係などに身を置いていると
『あれは作り笑いだ』なんて
疑心暗鬼になりますね。
そんな経験をしていると、
特別おもしろい事がない限り
笑えなくなっている自分に気づきます。
表情を仮面に例える事があるくらい
表情と内心は違うという思い込みは
現代社会に深く
根付いていることでしょう。

しかし、
楽しいから笑えるのはわかるとして
笑うから楽しめるという事実があるのを
ご存知ですか?
医学的に、笑顔を自ら作ると
気持ちまで明るくなるとされています。
具体的には
顔の口角(唇の両端)を上げることで
沈んだ気持ちを
明るくさせる効果があるそうです。
私はわかりやすく
顔の筋肉の動き=表情
表情=感情
という公式をよく用います。
顔を笑った状態に動かすと
脳がそれを感知し気持ちまで
楽しくなるんです。
一種の自己催眠でしょうか?
脳はそれによりα(アルファ)波を出し
とてもリラックスした状態を
作り出します。


長期的にも、作り笑顔は効果あり

もしこの習慣が身につくと、
心理だけでなく
良い事が他にも期待できます。
笑顔の状態は、顔の筋肉を
大きく使います。
そのため、顔の筋肉が鍛えられ
年齢以上に若い状態を
保てるとされます。
また若さだけでなく
病気の予防にもなるそうです。
がん細胞は、誰しもが抱えるもの
それをやっつける
キラー細胞というものがあります。
笑顔でいるとこのキラー細胞が増え
結果がんになりにくい
体になるそうです。
それに加え、免疫力を高める
NK細胞も増えます。
病気に対抗する大事な細胞も
笑顔により増えるのです。
笑顔が最大の薬とは、医学的にも
認められた事実なんですね!


笑顔が身につくと環境も変わる

1人の笑顔は、周りに大きな
影響をあたえます。
これは誰もがよく知っていること、
笑顔の多い人には人が集まります。
集まった人もまた、笑顔になります。
もし自分が最初の1人になれたら
自分の周りにはたえず
笑顔の人間がいる事になります。
なんて素敵なことでしょう!


まとめ

笑顔は心がけひとつで作れます。
ちょっと口角を上げるだけで
ここまで自分や環境を
変えてしまうのです。
是非、笑顔の多い日々を
過ごしてみてください。


2015年12月6日日曜日

自信をつけるのに、便利な道具があるんです





自信とは?

突然ですが
みなさんは、ウソつきを信用できますか?

ほぼ全ての人が、NOと答えると思います。
(中にはYESの方も
いるかもしれませんが続けます)

これは考えるまでもない事ですが、
わざわざウソつきを信用して
振り回されたい人はいないはずです。

では、ウソつきは信用できないのを前提として
2つ目の問いです。
あなたは、自身を信用できますか?

これはすぐに答えを出さなくて結構です。
どういう事かというと、タイトルの通り
自信と大きな関係があります。
国語の授業みたいですが、こうして
字で書くとわかりやすいですね。
自分を信じるから、自信なんです。
逆に、自分にウソをついていると
自信を喪失する事に繋がります。

具体的な例としては、
自分の好みより流行を優先してしまう
周りを意識し似たような振舞いをしている
などです。
自分の素直な気持ちに正直になれないのは
自身にウソをついているのと同意義だそうです。
しかし、自覚症状がほとんどないのも事実。

自信をつける方法

では、自信をつける
自分を信頼する方法とは?
ここで、ある道具が登場します。

です。
その使い方は簡単、鏡の中の
自分を見つめるのです。
その際、相手(鏡の中の自分)と
しっかり目を合わせてください。
そうする事で、
自身への偽りがない事を証明します。

これは自己暗示の際にも採用される方法で
自身と向き合う、良い訓練になりますよ。

2015年12月5日土曜日

自己暗示とは、自分との約束と知るべし






前回、鏡による自信のつけ方を
記事にしました。
今回はその延長だと思ってくだだい。

自己暗示とは

自己暗示なんて言うと、
なんだか怪しいニュアンスにとれそうですが
私は〝自分自身と未来についてかたく約束する〟
と考えています。

やり方は簡単、下に記します。

現在形で自分がなりたい理想を
鏡の中の相手に伝えます。
(未来形ではなく、すでにそうであると
暗示していきます)
例えば
『君は明るくて、やる気に満ちているね』
など。
これについては、なりたい理想なので
ありのままで構いません。

やってみるとわかるのですが、
はじめは長く保ちません。
恥ずかしいような気持ちにとらわれます。
行為そのものが恥ずかしいというより、
他人と向き合うのと同じで
目をそらしてしまう感覚でしょうか。

何日か続けると、
すんなり目を合わせる事ができます。
自分と友達になったようで、
これまた不思議な感覚です。


毎日、自分に向かって理想像を語りかけます。
これがなんともクセになります、
人によってはその日から実感できるそうです。

自律訓練法と自己暗示

自律訓練法は独立したカテゴリーに
分けられる事が多いです、
でも大きくみれば自己暗示の一種です。
そして、鬱も自己暗示だと私は思います。
鬱病の負のループは

鬱状態
自分に自信が持てない
やっぱり上手くいかなかった
さらに自信をなくす
鬱状態

と、グルグル負の自己暗示を
繰り返しているようなものです。
薬で良くなり、勝手にやめてしまった方が
さらにひどい鬱状態に陥るケースもあります。

根本にあるこのループを断ち切るのが
何より大切なのです。

さっそく、自律訓練法をざっくり調べてみた









自律訓練法とは

1932年に、ドイツの精神科医
シュルツさんが考えた
自己催眠法だそうです。

ほうほう、随分と昔からあるんですね。

ストレス緩和、心身症、神経症
などに効果があるそうです。

鬱病にも効果が期待できそう。

ではザックリとその方法を

暗示というだけあって、特に行動を
行うわけでではないようです。
心の中で以下を唱えるそう

気持ちがとても落ち着いている

これを基板にして以下を唱える

手足が重い
手足が暖かい
心臓が静かに打っている
呼吸が楽になっている
お腹が暖かい
額が涼しい

とっつきにくいので、あえて省きましたが
基板となる部分を背景公式と呼び
それ以外を上から第1〜第6公式
言うそうです。

感想としては、
第1で暗示状態に
第2で暗示の確認
第3で興奮を和らげ
第4でリラックス
第5で身体を整え
第6で脳の沈静化

といったところでしょうか。
まだ教わっていないので、
何とも言いがたいのですが。
時間をかけてまで、習得する価値があるか
若干の不安が残ります。
結果は別の記事へ書く事とします、お待ちを

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ZenBack