ラベル 治療法 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 治療法 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年1月20日水曜日

ハワイアンの癒し法、ホ・オポノポノ







ホ・オポノポノとは


ハワイには、己に対する癒しの方法
というものがあります。
古くから伝承されるもので、
簡単な言葉を
繰り返し心の中で唱えることにより
潜在意識に直接作用させる方法だそうです。
ただしスピリチュアルな部類であり
その効果は実証されていません。

それでもこの方法がここまで広まっているのは
ホ・オポノポノにより、効果を実感した人が
多いということです。


その歴史とは

歴史は古いものの、その内容は
受け継がれる毎に変わっているようです。

古くは、カフナと呼ばれる霊能力者によるもので
心の中にあるネガティブな思考を解放させ
体内のエネルギーに生じるゆがみを
もとの状態に戻す、というのがルーツだそう。

一般に知られるようになったのは1600年ごろ
書籍に紹介されることにより知られました。
1970年には、
モーナ・ナラマク・シメオナが
一人でも簡単に行えるようアレンジを加えます。
そして弟子にあたるアール・パーマイ・テンが
SITH
(セルフ・アイデンティティー・スルー・オポノポノ)を
確立させ、世界的に知られる事となります。


具体的な方法

現代におけるホ・オポノポノでは、4つの言葉を
その事柄に対し唱え続けるそうです。

ごめんなさい
許してください
ありがとう
愛しています

信じる、信じないに関わらず
何かしら変化を感じることができるそうです。
自分への戒めなどマイナスの感情と
自然と湧く欲望などプラスの感情を
いったんクリーニング(リセット)する
心を空っぽにする方法だそうです。


ホ・オポノポノに待った!

しかし、この方法に警笛を鳴らす方もいます。
鬱病のように、必要以上に自分を責める人が
ごめんなさい
許してください
を唱えるとなると、さらに
ドツボにはまる可能性があるのは予想がつきます。

しかし、その歴史背景や民族性について調べるうち
私はある結論に達しました。


ハワイアンのスピリットを受け継ぐ

彼らは、自分たちが個々の独立した生命というよりも
宇宙の一部である事を重視しているようです。
そにため、許すということに
私たちと違った観念があるようなんです。
私はどっぷり日本人なので、
どこまで理解できているかわかりませんが
こんな解釈をしました。

私たちは宇宙の一部で、常に見守られている。
まずはごめんなさい宇宙にコンタクトをとる。

そもそも私たちは宇宙の一部、
宇宙の中にいる限り許してくださいは受け入れられる。

許されたら、素直にありがとう
宇宙の一部である事を確認する。

そして最後が肝心、自分と宇宙のすべて愛しています

これが、私の辿り着いた
ホ・オポノポノ。

私は宇宙という言葉がしっくりこないので、
宇宙を意識しつつ大自然と言い換えてます。


実践された方のエピソード

これについて、実践している人から
許しについて納得の答えを得ました。

最後にこんなエピソードを紹介
日頃から、妻として至らないと感じているそう
それでも受け入れてくれる旦那さんと息子さん
そんな時、自分は許されていると感じるそうです。
そして、愛されている事を認識できるそうです。

許すというと、どうしても相手を連想してしまいます。
しかし自分への許しは、逆に
大きなパワーを得ることができるようです。
もしかしたらハワイアン達は、
こうしたことを経験上知っていて
お互いに気持ちを高めあうことに
長けていたのかもしれませんね。

とても優しい気持ちになりました。








2015年12月6日日曜日

年齢退行催眠とは?治療の前に試してほしい理由







年齢退行催眠とは

鬱に関して調べても
幼児退行型鬱前世退行催眠という
有名な単語に阻まれなかなか出てこないのが
今回紹介する年齢退行催眠です。

世間のカウンセリングでは
催眠療法を
詐欺的行為と嫌うカウンセラーや
実際に導入しているカウンセラーがいます。
その効果については、私も何とも言えませんが
結果、体験して良かったと思えたので
その内容をお伝えします。

年齢退行催眠を実際に受けて

私が出会ったカウンセラーの方で、2回目に
年齢退行催眠を使われている先生がいました。

とはいっても、非科学的でもスピリチュアルでもなく
ただハーブティーで落ち着いたところで
先生からコツみたいなものを聞いて
あとは会話しながら、だんだん昔の記憶を
辿っていくだけ。
ただ、私はこの方法を試して
本当に良かったと思いました。

鬱になってからというもの、
イヤな思い出を隠すかのように
過去の記憶が霞んでしまって
思い出せずにいました。
イヤな記憶はともかく、大切な思い出までも…

これは、鬱の症状によくあることでもあり
もしかしたら経験されている方もいるかもしれません。
意外かもしれませんが、イヤな思い出で苦しむより
精神的なダメージは大きいと私は感じました。
苦い記憶も含め、思い出とは生きた証
それがごっそりなくなってしまうと
今を生きる気力そのものに影響するものです。

年齢退行催眠を行い、ビックリするほど
色々な記憶が飛び出てきました。
古いものから小さなものまで、
あまりの嬉しさにどんどん話をするあまり
先生に途中で止められたほどです。
私が嬉しかったのは、記憶が
失われたのではなく忘れていた
と確認できた事。
その時から、本当に失ってしまう前に
思い出は大切にしようと心がけています。

以上が、年齢退行催眠を
受けて良かったと思う理由です。
因みに、鬱の起源もちゃんと見つかりました。
私の場合は5歳ですでに鬱の気があったようで
小学2年の時、チックが出ていた事も思い出せました。
(両親は変なクセだと思っていたようです)
知識がある今だからこそ、
チックの症状だとわかったのですが…

こんな具合で、私にはとても有益でしたよ。
気になる方は、カウンセラーの先生に
相談してみると良いかもしれません。

2015年12月5日土曜日

自己暗示とは、自分との約束と知るべし






前回、鏡による自信のつけ方を
記事にしました。
今回はその延長だと思ってくだだい。

自己暗示とは

自己暗示なんて言うと、
なんだか怪しいニュアンスにとれそうですが
私は〝自分自身と未来についてかたく約束する〟
と考えています。

やり方は簡単、下に記します。

現在形で自分がなりたい理想を
鏡の中の相手に伝えます。
(未来形ではなく、すでにそうであると
暗示していきます)
例えば
『君は明るくて、やる気に満ちているね』
など。
これについては、なりたい理想なので
ありのままで構いません。

やってみるとわかるのですが、
はじめは長く保ちません。
恥ずかしいような気持ちにとらわれます。
行為そのものが恥ずかしいというより、
他人と向き合うのと同じで
目をそらしてしまう感覚でしょうか。

何日か続けると、
すんなり目を合わせる事ができます。
自分と友達になったようで、
これまた不思議な感覚です。


毎日、自分に向かって理想像を語りかけます。
これがなんともクセになります、
人によってはその日から実感できるそうです。

自律訓練法と自己暗示

自律訓練法は独立したカテゴリーに
分けられる事が多いです、
でも大きくみれば自己暗示の一種です。
そして、鬱も自己暗示だと私は思います。
鬱病の負のループは

鬱状態
自分に自信が持てない
やっぱり上手くいかなかった
さらに自信をなくす
鬱状態

と、グルグル負の自己暗示を
繰り返しているようなものです。
薬で良くなり、勝手にやめてしまった方が
さらにひどい鬱状態に陥るケースもあります。

根本にあるこのループを断ち切るのが
何より大切なのです。

さっそく、自律訓練法をざっくり調べてみた









自律訓練法とは

1932年に、ドイツの精神科医
シュルツさんが考えた
自己催眠法だそうです。

ほうほう、随分と昔からあるんですね。

ストレス緩和、心身症、神経症
などに効果があるそうです。

鬱病にも効果が期待できそう。

ではザックリとその方法を

暗示というだけあって、特に行動を
行うわけでではないようです。
心の中で以下を唱えるそう

気持ちがとても落ち着いている

これを基板にして以下を唱える

手足が重い
手足が暖かい
心臓が静かに打っている
呼吸が楽になっている
お腹が暖かい
額が涼しい

とっつきにくいので、あえて省きましたが
基板となる部分を背景公式と呼び
それ以外を上から第1〜第6公式
言うそうです。

感想としては、
第1で暗示状態に
第2で暗示の確認
第3で興奮を和らげ
第4でリラックス
第5で身体を整え
第6で脳の沈静化

といったところでしょうか。
まだ教わっていないので、
何とも言いがたいのですが。
時間をかけてまで、習得する価値があるか
若干の不安が残ります。
結果は別の記事へ書く事とします、お待ちを

2015年11月23日月曜日

音楽療法って、効果があるの?に答えます



音楽療法の効果

結論からいえば、ダイエットに
流行り廃りがあるようなものかと
私は感じています。

では、私への効果は?
これについては、効果絶大と
言わざる終えません。


今までの記事では明かしていませんが
今の私は、保険適応最大の投薬を
行っているため
ここから気持ちが沈んだ場合はどうしても
他の手段で盛り返すしかないんです…

そのため、いろいろな方法を試しました。
そのうちのひとつ、音楽療法について
今回は深く掘り下げてお話ししようと
思います。


そもそも、音楽治療とは?

そこからお話しなければいけませんね。

基本的には、音楽を聴いて
気持ち(自律神経)を整えるもの
を指します。
ただ、カラオケなど音楽への参加も
広く見て音楽治療と呼ばれることがあります。

〝聴く〟音楽療法とは

鬱の症状は、無気力で何もしたくない
さらには気怠くて横にはなっても
眠れない、眠れずに焦りが募る。
そんな時に『治療をしよう』
なんて考え、浮かびませんよね。
私もそうでした、治療という手間すら
憂鬱なのです。

でも、アクションを起こさなくては
何も解決しないのが事実。
私の経験からいうと、手っ取り早く
さらに自発行動のいらない治療法が
一番の近道です。
『そんな治療法あるわけ…』

お気付きですよね、音楽を聴く治療。
スマホを少し操作して、あとは音楽を
流していれば良いんです。
個人差もあると思いますが、この方法で
良くならなかったとしても
『治療の手間がかかった…』なんて
嘆くことはほとんどありません。
ただ音楽を流していただけですから、
試すにはとてもお手軽なんです。
第一のステップとしては、
強くオススメします。

ただ、ネットなどで調べると
〜医院とか、〜セミナーなんて文字が
検索上位にくると思います。
この辺りは、とても
お手軽とは呼べませんので
ガッツリ治療したい方向けですね。

調べ方としては、動画検索を
オススメします。
なぜかというと、youtube動画で
たくさんアップされているからです。
ほとんどは、自然の静止画を背景に
優しいメロディが流れ続けます。
最近の流行りでもあり、かなり
たくさん見つかるので
お気に入りを見つけても良いと思います。

あとは、図書館やCDショップなどで
『寝る前の〜』『心が安らぐ〜』など
気持ちに作用しそうな題名のCDがあります。
必ずしも〝音楽療法〟〝自律神経〟という
ワードが入っていなくても結構です。
ようは、聴いていて気持ち良い
なんだか眠れそうといった感覚になれれば
きっとそれが一番良いでしょう。

さらに詳しくお話すると、
ただ聞き流す事が大切になってくるため
好きな曲や馴染みの曲よりも
はじめて聴くフレーズの
インストロメンタルと呼ばれている曲の方が
効果があるそうです。

ポップスやロックといった曲は、
〝聴いている〟という意識が出てしまい
結果、自律神経が
興奮状態になってしまうそう。

ただし私は、就寝前や後にインストロメンタル
通勤中はアップテンポの元気ソング
と切り替えて使っています。
慣れてきたらみなさんも
自分にあった聴き方を試してください。


耳は寝ている際も機能しているそうで
その敏感な器官ならではの治療法、
是非お試しください。

投薬治療は必要?不要?私の見解は…




私もコワイ投薬治療…

投薬治療について、実際に
体験している者としてみなさんに
知っておいてほしい事と
その体験談をさせていただきます。

現在は書籍やネット記事で
抗鬱剤など気持ちに作用する薬については
危険性が指摘されています。
そのほとんどが、『投薬治療はNG』と
断言しているほど。

そもそも考えてみてください、
薬が〝肉体〟ではなく〝心〟に
作用するなんて
かなり恐ろしい事ですよね。
痛み止めとは訳が違います…

事実、未だに飲み続けている私でも
〝鬱の薬=合法の麻薬〟という
認識が強いんです。

心に作用する点やその強い依存性、
麻薬と何が違うのだろうと
日頃から思っています。
一時期は、薬を処方した先生が
憎かったです。

ただし、こうして鬱をさらけ出して
記事を書くまでになったのは
薬のおかげでもあるのは事実。
今は少し、考え方が変わりました。


心療内科の薬を上手に使おう

鬱を治すには、投薬治療カウンセリング
みなさんがイメージする通り
投薬治療は短期間で
効果が現れる。(場合が多い)
カウンセリングは根気が必要で
効果が実感しにくい。
他者の介入があり、さらけ出すのは
勇気がいる。

ただし、こうも言えます。
投薬治療はあくまで負の感情を
マヒさせてしまっている。
だからやめる際は依然より
強い不安症状が出たり、
ホルモンバランスが崩れるといった
身体に直接ダメージが起こる点も
考慮する必要があります。

カウンセリングは鬱の根本を
追求していきます。
鍵の閉まった扉を
ひとつずつ解放していくイメージで
だんだんと他人への不安感が解消され
日常生活で周囲の人間と
関わろうとすることで
私生活そのものが治療の効力を
発揮します。


投薬治療のメリットなんてあるの?

それは、人それぞれだとしか
言いようがありませんが
私は体験して今はこう思っています。


〝一度の人生
       楽しい時間が
            多い方がいい〟


これは、そっ直な感想です。
薬に頼っているぶん、気持ちの
起伏は激しいでしょうが
仕事での自信や、周囲との関係など
昔の私では想像できないほど
充実しています。

これが私の知る投薬治療、
投薬治療は〝悪〟と思わず
選択肢として残しておいて良いと
お伝えしておきます。

最後に実例をあげ
終わりたいと思います。

知人のお付き合いされている方は
ひどく鬱の症状が出てしまっているようで
よく相談されます。
その方は、『自分は醜い』と
鏡を見れなかったり
気持ちのコントロールが効かず
部屋中を荒らし暴れてしまうそう。
ただし、薬への不信感が強く
治療は行っていないようでした。
破壊衝動や自傷行為、
そんな症状の方には
投薬治療の検討を勧めています。

必要なのが即効性か、遅効性か
それは人それぞれです。
先程記した通り、
投薬治療の可能性を捨ててしまうのも
いささか難があるように
私は感じております。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ZenBack