ラベル 投薬治療 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 投薬治療 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年1月8日金曜日

ソラナックス(コンスタン)自分の薬をよく調べてみる





ソラナックスは、いちばん長く
10年以上お世話になっています。
今はジェネリック(後発品)の
コンスタンに切り替わっていますが
成分は同じです。


ソラナックス・コンスタンの成分

アルプラゾラムという成分の薬です。
効果が穏やかで副作用が少ないとされていて
短期間型だそう。
私自身も、1日に4回
6時間を目処に服用しています。

分類は抗不安剤となります。
効能は心身症からの身体症状や
不安・不眠・緊張・抑うつなど。


私はもう飲んで10年にもなりますので、
かなめとなる薬です。
やめることがあるとすれば、
最後に切る薬
逆にいうとこの薬なしでは日常生活に支障が出ます。


副作用は少ないとされていますが、
長く飲んでいるせいか
脱力感・集中力低下・性欲減衰
などはいまだに続いていると感じます。
他に
眠気・頭痛・めまい・瞳孔拡大
といった症状も見られるそうです。


突然やめた場合のリスクとして

痙攣発作・せん妄・振戦・不眠・不安・幻覚・妄想
などです。
離脱症状がたくさん並んでいるので
『どれかが出るのかな?』
と思われるかもしれませんが、
私が半年やめてしまった時は
この全てが強烈に現れました。
心療内科の薬では、副作用云々より
依存症状の方がよっぽど気をつけるべきと
感じる結果となりましたね…。
徐々に減少するのが望ましいそうですが、
あれを体験してしまっては
いまはやめる気が起きません。
ちなみに断薬がかなり難しいともいわれていて
副作用が少なく飲みやすいが、やめるのが難しい
そう言い換えることもできそうです。


苦い話ばかりになってしまいました、
でもはじめに薬を選定する際
私にカッチリはまったのもこの薬。
毎日が明るくなるきっかけをくれたのは確かです、
症状と薬量を天秤にかけながら
これからはゆっくり減らせたらいいなと思います。

2016年1月6日水曜日

投薬治療を勝手にやめると…、悪夢に苦しんだ私の記録






私はある時期、鬱状態の回復と
子どもに対し親としてなんとかしたい
という気持ちから
心療内科の薬を
半年間止めた経験があります。

子どもが生まれた時、
禁煙に成功した経験があったため
依存を断つ
という気持ちが強かったんです。
結果、とんでもない状況に陥りました。

半年したころに、憂鬱感が出るようになり
これは予兆だと気づき心療内科へ。
先生より
『それはいけないね、これからは
一緒に少しずつ減らしていこう』
といわれ、以前と同じ量の投薬治療を
再び開始しました。
せっかくの鬱症状緩和も虚しく
これまでとは明らかに違う鬱状態が出て
その後半年くらいは苦しみました…。



薬断ちと悪夢の恐ろしさを実感

この時の私は、毎晩
悪夢を見てうなされ目覚める日々。
いちど目が覚めると、とても
寝る気にはなれませんでした。
ほとんどの場合、途切れた悪夢の続きを
見せられるはめになるからです。

寝ている時の私は、異常だったと
嫁が語っています。
『歯ぎしりで目が覚めて、このままじゃ
歯が折れちゃうんじゃないかと思って起こした』
『うなされてたけど、寝言が大きくて
ちょっと切迫感が伝わってきた』
何かに憑りつかれているんじゃないかと
嫁自身も怖いと感じていたようです。

さらに異常だったのが、
悪夢といえば
『朝は酷い夢を見た』
と笑い話にできるイメージ。
この時の悪夢は、それとは異なっていました。
現実が、悪夢の延長になってしまうのです。

例えば
夢の中で何かからずっと逃げる
もしくは身を潜める
という内容が多く
目覚めて、仕事への通勤中に
『後ろが怖くてしょうがない』
『人ごみが落ち着かない』など
現実世界でも夢の続きを過ごしている気分。
明らかに
普通な精神状態ではありませんでした。
職場に付けば気が引き締まり
多少は気持ちが紛れ
夜には落ち着くのですが
また同じ夢。
酷い時は、夜寝ると
朝の続きから夢が始まる場合もありました。

それに、落ち着いた時に思い返すと
この悪夢がとにかく異様なんです。
夢は記憶の整理と一般では言われているので
私の見る夢が特に異様だと感じたのです。

知らない単語、名前、場所など
潜在的にも頭に無いはずの
知識や記憶が沸いてくるのです。
もう一つが、
『自分がこんなに恐ろしい夢を作り出せる訳が…』
という夢の内容。
『自我が崩れてしまいそうなほど恐ろしい夢を
自分自身に見せる事があるのだろうか?』
という疑問まで湧いてきました。

この時の印象的なエピソード
試しにホラー映画を見た時
『本物のオバケが出てくれば
こっちの恐怖が紛れるのに』
違う恐怖感に安堵する不思議な気持ち、
これだけでも異様さが伝わるかと思います。
世の中に溢れるどの恐怖より
自分の夢が怖かったです。


心療内科での見解と
結局は時間が解決した煮え切らない終わり

この時に診ていただいた先生は、
いまもお世話になっている信頼のおける先生。
この時もありのまま、毎回相談してました。
『半年やめていたせいで、
薬への拒否反応が出ることがある』
『薬はかなり慎重に減らさないと
体自身が欲しているので悪い影響が出る』
まとめると、この二つが大きな原因でしょう。
それに
この2つの原因そのものが矛盾しているために
体や心にこれだけの
影響が出たのだと感じています。
結局は、同じ薬を半年間飲み続けて
その症状はなくなりました。
今でも、思い返すと鳥肌が立つような出来事。


もし、長期間にわたり
鬱の投薬治療を行っている方がいましたら
絶対に、自己判断で服薬をやめないでください。
先生と相談し、
減らせる薬の種類と量を相談しながら
ゆっくり行なってくださいね。

2015年12月9日水曜日

投薬治療を経て、振り返り大切だと思うこと






薬で鬱を治すには

投薬治療は、根気です。
何しろ山ほどある薬から、自分に合ったものを
見つけなければならないのですから。
しかもどれも効果が出るまでに
1ヶ月ほど飲み続けなければなりません。

そして、パートナーとなる薬に出会い
半年ほどで体に馴染みます。

薬である程度生活が安定してきたら
次は自信とやる気を回復する作業に入ります。
勘違いしがちですが、これは自分で行うこと
薬で得られるものではありません。



自分で気付かなければいけないコトがあります

しかし、鬱病患者に
『自信をつけなさい』
とリスキーな事を言ってくれる先生や身内は
少ないと思います。
そのため、この作業の必要性は
自分で見つけなければなりません。

私が今やっとこの状態まで持ち直したのも
周りとのコミュニケーションや
仕事で頼られるなどの自信がついてきたから。
そのために、私は少しずつ
他人との関わりを密にしたり
得意分野で仕事に貢献してきました。

今でも、不明な動悸が
ひっきりなしに襲ってきますし
頭から背中、目の奥に
痛みが出るほどのコリを抱えています。
それでも再び自信を無くさぬよう日々
積極性を大事に生活しています。

なかなか次のステップへ行けず
二の脚を踏んでいる方、
一歩踏み出したところから
世界は色を取り戻しはじめます。
ぜひ、その勇気を大切に日々過ごしてみてください。

過眠症、寝るのは必要、寝すぎは…





鬱病になると、多くの場合は
眠れなくなり睡眠導入剤を一緒に
処方されたりします。
不安や緊張から解放されず、
眠れなくなるのです。
そういった時は寝れないことの苛立ちや
更なる不安を覚え、眠れない状況を
自分から作ってしまいがち。

ただ、私の経験では
心療内科へ通って3ヶ月ほどで、不眠の症状は
和らいできます。
理由として、鬱に関する薬は、種類にもよりますが
少なからず副作用で眠くなるからです。

人によりますが
私は副作用の眠気で、仕事中に支障が出るほど
睡魔に襲われる期間がありました。
睡眠は大事ですが、睡魔というのも
かなり厄介…。

そして半年、一年と投薬を続けていると
薬に馴染み睡魔で困ることもなくなってきました。
副作用への耐性ができて、昼夜のサイクルが
戻り始めるのです。

こうして投薬に慣れてきた頃、起こしやすいのが
過眠です。
(睡眠薬や副作用での睡眠が
落ち着いている事を前提とします)


鬱は積極的なアプローチが必要

鬱は、投薬治療で鎮めることができても
根本を取り除くことは難しいと思います。
自発的な鬱へのアプローチが必要になってくるからです。

しかしここで足踏みをしていると、
生活に張りがなくなっていきます。
『仕事を頑張ったから』
『休める時くらい』
その思いが重なると、気力がだんだん薄れ
人によって
休みの日は布団から出ない、と極端な
休み方をするケースがでてきます。

睡眠は体調を整えるのに、とても大切です。
ただ寝れなかった過去を思い出し、
寝る事の比重を大きくし過ぎる傾向が見られます。
(私も未だに、ゆっくり休みすぎて
後悔する日があります)

あくまで
眠って、活動する正しいサイクルが大事。

眠りは身体の休息と、記憶や感情の整理です。
日中の活動があるから、睡眠は必要なのです。
こういった生活を続けていると、
動かないため身体がダルくなり
外界との接触がなく気持ちが憂鬱になります。
そして、具合が悪いからまた横になる
を繰り返すようになり
過眠症に陥っていきます。

経験した限り、過眠の後は
鬱症状に近い不快感に襲われます。
そして、行動力が著しく低下。
自分からその状況を打破するのは
なかなか至難の技です。



2つのおすすめポイント

そこで、私が心がけている2つのコト。

自分で抜け出せないのなら、外からの接触
(買い物や遊びに誘われる等)
これには乗っかってみましょう。

動きたくないなりに、少しずつ動いてみましょう。
(音楽をかける、窓を開けてみる、ノビをしてみる)

余談ですが、睡眠状態が必要以上に続くと
脳内細胞が死んでいくと医学的に言われています。
脳を動かしてあげないと、
酸素が回らないのでしょうか?
とにかく、寝すぎは
体にも心にもあまりお勧めできません。
その時間を、有意義に過ごしてみましょう!





2015年11月23日月曜日

投薬治療は必要?不要?私の見解は…




私もコワイ投薬治療…

投薬治療について、実際に
体験している者としてみなさんに
知っておいてほしい事と
その体験談をさせていただきます。

現在は書籍やネット記事で
抗鬱剤など気持ちに作用する薬については
危険性が指摘されています。
そのほとんどが、『投薬治療はNG』と
断言しているほど。

そもそも考えてみてください、
薬が〝肉体〟ではなく〝心〟に
作用するなんて
かなり恐ろしい事ですよね。
痛み止めとは訳が違います…

事実、未だに飲み続けている私でも
〝鬱の薬=合法の麻薬〟という
認識が強いんです。

心に作用する点やその強い依存性、
麻薬と何が違うのだろうと
日頃から思っています。
一時期は、薬を処方した先生が
憎かったです。

ただし、こうして鬱をさらけ出して
記事を書くまでになったのは
薬のおかげでもあるのは事実。
今は少し、考え方が変わりました。


心療内科の薬を上手に使おう

鬱を治すには、投薬治療カウンセリング
みなさんがイメージする通り
投薬治療は短期間で
効果が現れる。(場合が多い)
カウンセリングは根気が必要で
効果が実感しにくい。
他者の介入があり、さらけ出すのは
勇気がいる。

ただし、こうも言えます。
投薬治療はあくまで負の感情を
マヒさせてしまっている。
だからやめる際は依然より
強い不安症状が出たり、
ホルモンバランスが崩れるといった
身体に直接ダメージが起こる点も
考慮する必要があります。

カウンセリングは鬱の根本を
追求していきます。
鍵の閉まった扉を
ひとつずつ解放していくイメージで
だんだんと他人への不安感が解消され
日常生活で周囲の人間と
関わろうとすることで
私生活そのものが治療の効力を
発揮します。


投薬治療のメリットなんてあるの?

それは、人それぞれだとしか
言いようがありませんが
私は体験して今はこう思っています。


〝一度の人生
       楽しい時間が
            多い方がいい〟


これは、そっ直な感想です。
薬に頼っているぶん、気持ちの
起伏は激しいでしょうが
仕事での自信や、周囲との関係など
昔の私では想像できないほど
充実しています。

これが私の知る投薬治療、
投薬治療は〝悪〟と思わず
選択肢として残しておいて良いと
お伝えしておきます。

最後に実例をあげ
終わりたいと思います。

知人のお付き合いされている方は
ひどく鬱の症状が出てしまっているようで
よく相談されます。
その方は、『自分は醜い』と
鏡を見れなかったり
気持ちのコントロールが効かず
部屋中を荒らし暴れてしまうそう。
ただし、薬への不信感が強く
治療は行っていないようでした。
破壊衝動や自傷行為、
そんな症状の方には
投薬治療の検討を勧めています。

必要なのが即効性か、遅効性か
それは人それぞれです。
先程記した通り、
投薬治療の可能性を捨ててしまうのも
いささか難があるように
私は感じております。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ZenBack