ラベル 心因性めまい の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 心因性めまい の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年10月3日月曜日

ストレスでめまいがする、その原因と対処法






めまいには、色々な原因が考えられます。
そのため、安易に
『ストレスのめまいだ』と
決めつけるのは危険です。

ただし、自律神経失調症や抑鬱病など
過度に緊張やストレスを感じやすい状態にあると
めまいが起こる場合があります。
診察を受け、体に異常がなければ
心因性のめまいである可能性が疑われます。


なぜ、ストレスでめまいが起こるの?

そもそも、ストレスのめまいとはいったい
何のために起こるのでしょう?

貧血や三半規管の異常でめまいがするのは
納得しやすいと思います。
ではなぜ、ストレスで
めまいが起こるのでしょうか。

鬱病など、精神的に敏感になっている場合
自分が感じている以上に
気持に負荷がかかっていることがあります。
しかし、やらなければならない事は山積みで
動き続けてしまうものです。
そんな時、体はあなたを
強制的に休ませようと強引な手段に出ます。
そう、めまいです。
めまいがすれば、
身体の異変を不安に思い
必ず横になって休みたくなります。
それが狙いなんです、
めまいがするということは
休む必要がある極限の状態なのです。


身体に従い、休んでみましょう

心因性めまいは、
理性によって負担をかけ過ぎた体を
自律神経が強制的に休ませようと
最終手段に出た結果です。

パソコンなどでたまに見られる
過熱の現象が、
とてもよく似ています。
パソコンは、データや内部の機器を守るため
一定の温度を越えて稼働していると
強制的にシャットダウンします。
自らを守る為に、
最終手段を取らざる負えなかった結果です。
人も同じ、どんなに疲れや不調を起こしても
体がなかなか休息できないと
最終手段として、めまいを起こして
いったん機能をオフにしようとするのです。


最後に

一見必要なさそうな体の機能、
痛みであったりストレスであったり
しかしそれらが無いと
人は危険から身を守ることが出来ません。
めまいも同じです、
心身を危険な状態から開放する為の
大切な手段です。

めまいを多く感じ、不安に思う方は
まず生活の改善から
はじめてみてはいかがでしょうか。

2016年3月26日土曜日

鬱病とめまいの関係に迫る






鬱病、または普段より強いストレスを受け
心にダメージを負っている場合
心因性のめまいがおこる場合があるそうです。
鬱病のうち、30%ほどの人は
めまいを経験するといいます。


そもそもめまいとは?

めまいというと、耳の三半規管に異常があり
平衡感覚が取れないのではないか
と思われがちです。
現に、めまいを感じ受診するときに
ほとんどが耳鼻科にかかるそうです。

しかし、めまいの中には
脳の異常やその他の原因もあります。
特に今回紹介する心因性めまい
耳鼻科ではなく
心療内科にかかる必要があります。


症状がカギになる

心因性めまいは、
大きく3つの種類に分けられます。
今回は、それぞれのめまいについて
それぞれ対処法を紹介しますね。

回転性めまい
自分自身、または周囲の風景が
回転しているような感覚

生活リズムに留意し、不規則な生活で
ストレスをためない。
塩分、カフェイン、油分を摂り過ぎない
食生活への配慮。

浮動性めまい
体がフワフワ浮くような感覚や
まっすぐ歩けない、姿勢を保てないなど。

規則正しい生活、バランスの良い食事と共に
心を落ち着かせリラックスできる時間を設ける。
外的ストレスに注意する。

立ちくらみめまい
立ちあがるとクラっとしたり、
目の前が暗くなったりぼやけて見える。

規則正しい生活と共に、強いストレス状態にないか
再確認する。
また、動作をゆっくりにする。


まとめ

心因性めまいは、生活の改善が大切です。
めまい時には休息が必要ですが
それ以外では、積極的に運動したり
朝は早く起き、朝食をきちんと摂るなどの
配慮が必要です。
また、ストレスを感じやすい場合も多く
どうしてもストレスから抜け出せない場合は
リラックスできる時間をきちんと設ける事も
とても大切です。






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ZenBack