ラベル 季節変動型鬱病 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 季節変動型鬱病 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年11月29日火曜日

寒いから鬱病が悪化するわけではない、冬季鬱病を知ろう






秋から冬、気温の低下に伴い
気持ちも低下してしまうのを
体感している人は多いと思います。
その時に思うことといえば
『寒いと鬱が悪化する』
ほとんどの人は疑いもなく
そう考えるでしょう。
しかし、
寒い=憂鬱の方程式をつくること自体が
鬱を加速させている可能性があります。


冬季鬱病の原因とは

寒さによる体の活動低下
これはもちろん影響してきます。
しかし、それよりも大きな要因として
日照時間の低下
曇りが多く気分が晴れない
運動をする意欲低下
冬は憂鬱という思い込み
これらが挙げられます。

要するに、寒さによる体の機能低下は
冬季鬱の補助的な要因で
思い込みや気分不快によるものが
ほとんどなんです。


短い日照時間

人にとって、日を浴びる行為は
植物の光合成に負けず劣らず
大切な効果を発揮します。
動物は本来、朝日を浴びて活動的になり
夕日を眺め
自律神経が鎮静化するようになっています。
また、日を長く浴びることで
身体の代謝だけでなく
脳内活動も活発になり
鬱病に効果が大きいとされています。

しかし、人は屋内で過ごすことが多いものです。
冬は特に、野外にいる時間は減るでしょう。
日照時間の短さに加え
日を浴びる機会が少ないんです。
ただし、明るい部屋で過ごすことで
多少の効果を得ることができるそうです。
暗い部屋でグッタリせずに
部屋を明るく保ち目に光刺激を与えることで
憂鬱な気持ちが緩和されます。
もちろん、日が出ているうちは
カーテンを全開に開けましょう。


鬱病には運動が効果的

それについては以前も記事にしましたが
冬になり運動をする機会を減らしてしまっては
さらに鬱が悪化するのが目に見えています。

ただ、個人的な意見にはなりますが
冬ってイベントが多くありませんか?
クリスマスや正月もですが
キレイなイルミネーション
ウィンタースポーツ
星空ウォッチング
そんなイベントに進んで参加するのも
良いかもしれません。
それでも寒いのが苦手、という場合は
屋内での運動を心がけましょう。
鬱病にはリラックスと同時に
アクティブさも必要です。
冬に冬眠状態になってしまっては
自律神経のトータルパワーが減ってしまいます。
少し気持ちをアクティブに切り替えてみましょう。


まとめ

ここまで、冬季鬱病の実態をお話しました。
最後にひとつ、ここまでの内容を忘れても
これだけは頭の隅に入れておいてください。
冬こそイキイキしようよ!
夏は止まってたって代謝が良いです、
でも冬は
動かなければ活動が停止してしまうんです。
少し気持ちを切り替えて、
楽しい冬を過ごしましょう。





2016年4月21日木曜日

夏の鬱、夏にも季節性障害が存在する






季節性情動障害。
いままでも、春型と冬型の場合を取り上げてきました。
今回は、夏です。


夏の鬱って、想像できますか?

春は出会いや別れという感情の乱れ、
冬は低い気温に伴うヤル気の低下。
では、夏の鬱症状とは?

夏といえば、気分が高揚する季節。
開放的で家を飛び出し、活動的になる
そんなイメージをほとんどの人がもつことでしょう。
しかし、季節性情動障害の中には
夏に症状が出る人がいるんです。


夏の鬱病とはいったい?

季節性情動障害の中、
10%に現れると言われているのが夏季の鬱です。
鬱病の中でも、季節性の症状は
周囲に理解されにくいみたいですね。
とくに夏季の鬱は、発症数が少ないため
とくに理解されにくいです。
故に、
『本当に甘えなのかもしれない』と
さらに自分を追い込む結果となりやすいのです。

その原因とされているのが、
日光による刺激や
暑さによる精神的なダメージとされています。
鬱の際には
外に出て日光に当たる
活動的に生活してみる
といったことを勧められますが、
夏季の季節性情動障害鬱の場合はその真逆
光を遮断し涼しい環境で過ごすということが
勧められています。


孤独感との戦い、その理由

冬季鬱、春季鬱の場合
健康な人でも気持ちの落ち込みが見られます。
冬だと、みんな活動性が鈍りますし
春は別れに心がふさぐことがあります。
しかし、夏というと
祭り・花火・キャンプなどを思い浮かべるように
みんなの心はアクティブな方向へ向きます。
そんな中、真っ暗なクーラーのきいた部屋でひきこもる
そのギャップにひどく孤独を感じてしまいます。


まとめ

もしかしたら、
周囲にそんな悩みを持った人がいるかもしれない。
さらにいうと
自分が夏季の鬱かもしれない。
 そんなことを、頭の隅においておくと
周囲の鬱病患者への配慮ができたり
毎年感じていた倦怠感を
少し緩和できるかもしれません。

『鬱病は日にあたるべき』
『クーラーの部屋にこもるのは不健康』
そんな固定概念が、
むしろ自分の首を絞めてしまうかもしれません。
確かに、日光は大切だし
クーラーは体に良くないかもしれません。
しかし、自分に必要なのであれば
上手に生活することをお勧めします。
まずは、しっかりと心のケアをしましょう。







Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ZenBack