ラベル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年10月11日火曜日

水風呂のススメ、鬱病に美容効果と効果に注目






以前も記事にしました。
改めて、具体的に
水風呂がもたらす効果をまとめてみます。


リラックス効果
冷たい水は、緊張した筋肉を
リラックスさせる効果があります。

整骨院やマッサージ店などで言われませんか?
力を抜いてくださいと言われ、
意識的に脱力したのに
『力が入っていますよ』
そんな経験ありませんか?
実は、意識的に脱力できる幅は狭いです。
自律神経によって緊張させられていると
自分ではコントロールできないので
気がつかない部分で
ずいぶん余計な力がかかっているものです。
水風呂は、そんな隠れた力みを解除し
根本から筋肉の脱力を手伝ってくれます。

また、冷水に浸かると
筋肉の修復や補強にいいとされます。


美容効果
冷水で毛穴が引き締まるという話は
聞いたことがあると思います。
他にも、冷水は不要な細胞の除去を促進させ
美容に一役買います。

髪を洗う際も、実は冷水が良いと言われます。
暖かいお湯で洗うと、
頭皮の毛穴が開きっぱなしになったり
頭皮の油が過剰に分泌されたり
浴後の乾燥が強くフケの原因にもなります。

加えて、冷水は髪の毛に
強さとツヤを与えてくれます。
抜け毛も予防してくれるんですよ。

通販番組などで、
『頭皮の毛穴に油がギッシリ!』
なんてやっていますが、過剰に反応して
長く洗ったり何度も洗うと
頭皮がボロボロになります。
気になるようでしたら、
浴後にクシでとかす
頭皮マッサージをする
などして血行を良くしてあげましょう。


抗鬱、抗体作用
水風呂は白血球などにアプローチし
ウイルスなどから守る体質を作り出します。
資本である、体の健康に役立ちます。

また頭がパンク状態の際
水に浸かることで冷静さを取り戻します。
脳のストレスが極限になり、
のぼせた状態の場合も
頭をリセットしスッキリさせます。

加えて、冷水には
脳機能を活性化させる効果もあるそうですよ。


デトックス効果
水風呂は利尿作用を高めると同時に
水圧により血液の循環を良くします。
浮腫みが気になる場合、温めるのも良いですが
水風呂も解消の手助けをしてくれます。


まとめ
『これから冬なんだけど…』
そんな声が聞こえてきそうです。
私はここ1年、風呂は全て水
湯を使っていません。
しかし、無理は禁物です。
冬に水風呂を楽しみたい場合は、
入れる程度のぬるま湯から
ゆっくり温度を下げてやると
体がびっくりしません。
熱いお湯に突然入るより、
ぬるま湯から温度を上げた方が
入りやすいのと一緒です。
是非、冬場も水風呂を試してみてください。

2016年6月15日水曜日

夏と冬の、活動意欲の差はなぜ起こる?






日本は四季がはっきりわかれ
それぞれが4ヶ月周期で移り変わる
なんとも贅沢な国です。

いままで、四季折々の鬱病を紹介してきました。
季節性鬱病ですね、
季節と気持ちはとても強い関わりがあります。


夏は活発になれる、冬に活かせないの?

夏は、活力が湧く季節。
鬱病患者にとっても、過ごしやすい方が多いようです。
(夏季鬱病の方、ごめんなさい)
そんな私も、冬・春の鬱状態から解放され
何事にも積極的になれる一人です。
常々思うのが
『夏の気分を、冬に活かせないものか』
ということです。
夏の活力ある生活で、冬もアクティブになれたら
これほど良いことはありません。
しかし、これまでの調べで
そういった事例がないことが薄々わかってきました。
冬には冬の過ごし方
夏には夏の過ごし方があるようです。

本能には、抗えない

そもそも、人はなぜ
夏はアクティブ(積極的)で
冬はパッシブ(消極的)なのでしょう。
それは本能が関係していて
野生の動植物を見ると納得できます。

野生のクマを例にあげるとわかりやすいです。
冬という季節は、気候の変化によって
変温動物は仮死状態(冬眠)になり
植物は日光と水分を充分得られず葉を落とします。
ほとんどの生物が守りに入るわけですね、
そうなるとクマはアクティブに餌を探すより
蓄えた脂肪で動かずしのいだ方がいいと考えます。
これが、クマの冬ごもりです。

もちろん、クマのようにこもることなく
生活を続ける生物もいますが
繁殖や子育てなど
体力を使い豊富な食べ物が必要なことは
なるべく暖かくなってから行います。
冬は、生き物は保守的なんですね。

人も、もちろん同じです。
いくら文明が発達して過ごしやすくなっても
冬は思考がパッシブに切り替わります。
保守的になり、活発に動くのが億劫になるんです。
それは気持ちにも影響しますので
冬はなんだかのんびりした気分で過ごし
夏は色々な事にチャレンジしたり出かけたり
活発になりやすいです。


まとめ

夏のモチベーションを冬に持ち込む事は
なかなか難しいようです。
ただし、気持ちに素直になると
楽しく過ごせるかもしれません。
夏場はおもいっきり楽しみ
冬になったら部屋で思い出に浸るのも
冬を楽しく過ごす秘訣なのかもしれませんね。













Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ZenBack