ラベル ヒーリングミュージック の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ヒーリングミュージック の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年4月15日金曜日

ネット上のヒーリングミュージック、安全ではない可能性について






サブリミナル効果、以前に紹介した
動画のひとコマにメッセージを挿入したりと
潜在意識へ働きかける効果です。
暗示的なもので、本人の意思と信じさせ
商品を買わせるなどの効果が指摘され
宣伝などで使用する事を禁じられています。
実際のところ、科学的な立証は無いものの
その効果は認められているようです。

さて、今回は
ヒーリングミュージックについてですが
こういった効果が悪用されている場合が
多数報告されているようなので
記事にしました。


どんな所に潜んでいるのか

サブリミナル効果は
だいぶ前に話題になったものの
今の若者世代でその存在を知る人は
少ないかもしれません。
とはいえ、一度問題となっているため
公共のきちんとした放送などは
安心して観たり聴いたりすることができます。

ただ時代は変わり、今では
どこのだれが作ったかもわからない
画像・楽曲・動画などにあふれています。
中には、あえて潜在意識にアプローチする
サブリミナル効果を使った
ヒーリングミュージックなどもありますが
それとは別に、動画配信サイトなどで
この効果が知らず知らずに悪用されている
という事実があります。
確かに、現段階では
サブリミナル効果の実用性に
賛否ありますが
効果があった場合は、
そのメッセージの内容によって
かなりの危険を伴うと私は考えます。


悪質なサブリミナル効果

例えば、動画配信サイトなどで
『アルファ波のリラグゼーション
癒しのひと時【作業用BGM】』
という題名で配信されている
動画があったとします。
このタイトルの動画を見る人は
憂鬱な気分を解消したいと思っています。
しかし、この動画作者が
必ずしも『たくさんの人を癒したい』と
思っているとは限りません。
もしかしたら、それを逆手に
『もっと苦しめてやりたい』と思っているかも。
世の中には、善意だけが
溢れているわけではありません。
現に、ある有名な映画では
主人公がファミリー向け映像へ
ポルノ映画を気付かない程度に入れる
というシーンがあります。
サブリミナル効果というと
商品を買いたい衝動を生むなどが一般ですが
使い方次第では、そんな悪質な場合も
ありえる事を知っておかなくてはいけません。


まとめ

サブリミナル効果が悪とされていますが、
使い方によっては良い効果も発揮できます。
先ほどの例でいうと
アルファ波で癒されるという内容の動画に
心が落ち着くような
サブリミナル効果を使った場合、
閲覧者の潜在意識に働きかけ
さらなるリラックス効果を生むことも可能です。
現に、タイトルに『サブリミナル効果による』
ときちんと書かれているものも見かけます。

ただ、そういった悪意を見極めるのは
なかなか難しいものです。
公共の電波であったり、きちんとしたルートで
販売されている音楽・映像などでしたら
ある程度の安心はあります。
そういった事実がある事だけでも
覚えておくと良いかも知れませんね。

2016年4月13日水曜日

癒すために生まれた楽器、ヒーリングライアー(リラ)【lyre】






音楽に、癒す効果がある事は
科学的にも注目されています。
特定の周波数をもっていたり
不規則な波による自然的な音であったり
脳波と同調する効果があったりと
幅広く効果が確認されています。

ただし、字のごとく
音を楽しむために生まれたのが音楽であって
確立された決まりを守らないと
雑音になってしまいます。
楽器に関しても
演奏者は基本的な演奏方法を理解したうえで
高度なテクニックを求められます。

しかし、ライアーという楽器は
癒す事を前提として作られた楽器です。
枠に囚われることなく、
音を感じて癒される目的で作られています。
意味を深く考えず、
心のまま聴こえるまま楽しむという
他の楽器とは明らかに違う側面を持った
なんとも不思議な楽器です。


生まれるきっかけ

ドイツの音楽家であるプラハトと
彫刻家であるゲルトナーにより考案されたのが
ライアーという楽器です。
シュタイナー教育の考え方をおおいに取り入れた
心・体・魂へ働きかけることを目的としており
スピリチュアルな一面を含んでいます。

もう少し詳しく、踏み込んだ背景として
音楽家のプラハトは、
『障害のある子に対しピアノの音が強いのでは?』
という疑問を持ち、何か良い策はないものかと
思想家であり哲学者のシュタイナーに相談
『鍵盤・アクションすべて取り除きなさい』
そう助言を受け、
弦と共鳴体(本体)だけの
楽器制作にとりかかります。
彫刻家で家具職人のゲルトナーが加わり
二人で作り上げたのが、ライアー
残念ながら、出来上がったのは
シュタイナー死後でした。


どんな楽器?

形は色々あり、とても独特。
ハープに近い弦楽器で、
弦楽器独特の共鳴箱がなく
弦の振動が直接体に伝わるように
設計されています。
今では、演奏できるタイプと
癒しに特化したタイプがあるそうで
どちらも気持ちが軽くなるような
魅力的な音が特徴です。


楽器の起源

ギリシア神話に登場する
アフロディーテが持っているとされる竪琴が
ライアーの起源とされています。
ただ、キリスト教には囚われておらず
宗教的な枠を超えた存在とされています。
現に、インドのヨガなどの用語を使い
説明される事もあったりと
なかなか奥が深いんですね。


まとめ

個人的には、
『無になれる』
『考えずに感じれる』
『聴いていて疲れない』
といった印象を受けました。
感覚としては、雨音に聞き入ってしまう
そんな自然的な効果に
似ているかもしれません。

なにより、楽器が出来上がるまでのストーリー
各地で愛されるその存在
それでいてスピリチュアルな謎を秘めている…
なんとも魅力的な楽器です。

2016年3月26日土曜日

チャクラと音の関係、ソルフェジオ周波数とは?






よく、眠れない人などが
ヒーリングミュージックを探していると
チャクラと関連するものが
多くあることに気付くと思います。
音や音楽は、潜在的に
チャクラへ働きかけるとされ
ヒーリングミュージックにも
取りいれられているようです。


チャクラに割り振られた音階

7つのチャクラには、
それぞれ音階があてられています。

第1のチャクラ
ド(C)

第2のチャクラ
レ(D)

第3のチャクラ
ミ(E)

第4のチャクラ
ファ(F)

第5のチャクラ
ソ(G)

第6のチャクラ
ラ(A)

第7のチャクラ
シ(B)


音楽に興味のある人は
気付くと思いますが、
半音階が当てはめられていません。
実はこの音階は、現在使われているものと
大きく異なっているんです。


ソルフェジオ周波数

ソルフェジオ周波数とは
グレゴリオ聖歌などで使われていた
今は失われた古代の音階と言われています。
近年、この音階の周波数に
癒しの効果があると注目を集めています。
今の音階に当てはめられた周波数と
まったく違っていて
そこに大きな意味があるそうです。
周波数ごとに、込められた意味をあわせて
見ていきましょう

174Hz 意識の拡大と進化の基礎

285Hz 多次元領域からの意識の拡大と促進

396Hz 罪の意識や恐怖の開放

417Hz 変化に挑戦する心と知性

528Hz 無限の可能性、DNAの修復、軌跡

639Hz 人間関係の向上

741Hz 問題を解決する力、表現力

852Hz 直感力の覚醒

936Hz 高次元、宇宙意識とのつながり

チャクラでは、396Hzから
割り振られているようですね。
ちなみに現代の音階と比較すると
音階  現代(ソルフェジオ)

ド  264Hz(396Hz)
レ  297Hz(417Hz)
ミ  330Hz(528Hz)
ファ  352Hz(639Hz)
ソ  396Hz(741Hz)
ラ  440Hz(852Hz)
シ  495Hz(936Hz)

だいぶ違いがありますね。
チャクラではソルフェジオ周波数を
使用しているので
間違えないようにしましょう。


ヒーリングミュージックの選び方

チャクラをもとにしたヒーリングミュージックは
『元気の出る』『自信がつく』『良く眠れる』など
それぞれ種類があります。
ソルフェジオ周波数に込められた意味に
関係しているようなので、
気にして聴いてみると良いかもしれません。
今は、手軽に動画サイトからでも視聴できるので
自分に合ったものを探しやすいかもしれませんね。




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ZenBack