ラベル バルネオセラピー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル バルネオセラピー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2015年12月30日水曜日

私には効果大!入浴治療で心も体も洗い流す






私は、家で鬱症状や倦怠感が現れた時
お風呂に入るようにしています。
そして、自分の中では治療のひとつと思い
実践に移す努力をしています。

入浴療法は私が作った造語です。
実際にあるもので温泉療法
バルネオセラピー(balneotherapy)
というものが存在しています。

お風呂は日本古来からの文化であり
日本人で良かったと思える
習慣でもありますね。
ただ、やはり鬱病の倦怠感で
体調がすぐれない時には
なかなか面倒で入れないものです。
しかし、そんな時だからこそ
湯船に浸かっていただきたいのです。


湯船に浸かった時の作用として、
孤独感から解放される
という検証結果があります。
水中に身を委ねることによる安心感や
身体が軽くなる感覚が
そういった作用へ導くのでしょう。

また、重力により溜まった血流が
満遍なく行きわたることや、
ほどよい温かさで
副交感神経も刺激される為に
リラックス効果をもたらすとされています。
適温としては38~42℃と言われていて、
半身浴では心臓への負担が
抑えられます。
全身浴では、交感神経の刺激で
興奮気味になるようです。
水圧による血管の圧迫もありますから、
長時間ゆっくり入る場合は
半身浴が無難でしょう。

また以前にも記事にしましたが、
42℃前後のお湯に浸かると
β‐エンドルフィンという幸福感をもたらす
脳内物質が放出されるといわれています。

何より、いったん裸になり
無心になれる良い習慣であると
思っています。みなさんも
実践されてはいかがでしょうか?
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ZenBack